イケメンの集い

ジュカインとレートで遊んだ日記みたいなもんです

7世代シーズン5 最高2067 最終2013 対面的ジュカリザスタン

皆様、お久しぶりです。シュウと申します。
シーズン2以来のブログの更新となりました。というのも、シーズン3は1800にすら到達出来ずに終了、シーズン4はメガジュカイン解禁でモチベは鬼のように高かったものの最後まで構築を練ることが出来ずに終了(試合数1100)とかなり苦しいシーズンが続き、まともな構築を作れませんでした。しかし、今期は毎シーズンの目標であるレート2000を達成し、私自身、それなりの自信をもって紹介できるパーティーになったと感じているので、拙い記事ですが最後までみていただけると嬉しいです。

今回の使用構築になります。TNセツナで潜っていました。
f:id:corepride200661:20170912143118p:plain
f:id:corepride200661:20170912045048j:plain
最高レートは2067。知る限りだと7世代のジュカイン入りで一番高いと思います。また私自身のジュカイン最高レートを少し更新しました。
それでは構築の経緯と各個体の紹介に移ります。またこれより常体で書かせていただきます。

構築のスタートは使い慣れているとんぼ返りとボルトチェンジを用いたサイクルパのジュカイン軸だったのだが、6世代に比べて一線級のポケモンが増えたことにより、ジュカインが不利対面をとった際の引き先を十分に用意することが出来なかった。そのためシーズン4はなかなか勝つことが出来ず、何人か知り合いに相談したところ「積み展開のほうがシュウさんには合ってるし、七世代のパーティーもそっちのほうが結果が出ている」と言われたため、さいくくん(@saikupoke)に相談し、そこでHDカバで初手に誘う水と草をジュカインで倒し、カバ展開を通して三枚目で積むという積み展開のパーティーを組んだ。
レート1980くらいまではいったのだが、不意のZやゲッコウガがきつかったり、ジュカインと裏のポケモンで3体仕留めることがなかなか出来なかった。
そこで積まなくても対面性能が高く、積みと対面どちらの動きもできる柔軟なパーティーにしようと思い今の構築に至った。
2000に乗った際はゲッコウガの枠がカプ・テテフリザードンの枠が剣舞バシャであったが、テテフは鋼タイプを誘いすぎるため、上手く処理することが出来ずに250ほどレートを溶かしてしまった。なので鋼に選出圧力をかけるリザードンを入れ、数値受け以外では受けづらい技範囲に優れたゲッコウガを入れることでジュカインを通しやすくした。
それでは各個体の紹介に移る。

f:id:corepride200661:20170912121532g:plain
メガジュカイン 臆病CS
エナジーボールリーフストーム、龍の波動、気合球
構築のスタート。高いSと独特の技範囲で上から殴るのが長所。6世代に比べフェアリーや鋼の増加から龍の波動の通りが悪くなったため、エナジーボールと気合球もしくはめざ炎の需要は上がったと思われる。鋼枠排除すればジュカインが通せる構築は多く、まだまだ上を目指せるポケモンではあると感じた。技構成は一貫をとった際に安定打点となるエナボ、龍波、カプ・コケコやHDカバや硬い水を一撃で落とすリフスト、構築的に重いポリ2やミミロップルカリオヒードランを意識して気合球にした。
めちゃくちゃカッコいいし使ってて楽しすぎる。

f:id:corepride200661:20170912121955g:plain
メガリザードンY 控えめ H92 B180 C116 D4 S116
大文字 ソーラービーム 目覚めるパワー氷 ニトロチャージ
対面性能高いリザY。ミミッキュのゴーストZ+影うちやガブや耐久ランドの岩石を耐え、ポリ2を文字で確定2発、最速70抜きと耐久、火力、素早さをある程度備えており、大文字が命中不安であること以外はとても強かった。若干範囲がジュカイン被るが、選出画面でXYの判断がし辛いため相手の選出を歪ませる強さもあった。後述するゲッコやミミッキュなどでガッサを襷まで削り、ニトチャから制圧いったゲームも少なくなく、対面的な構築にも非常に刺さった。

f:id:corepride200661:20170912125005g:plain
ゲッコウガ@気合の襷 せっかちA20 C236 S252
熱湯 水手裏剣 ダストシュート 岩石封じ
仮想敵を絞ったゲッコ。技構成は初手に来やすいリザ、テテフに強くするために岩石、ダスト、カバへの打点や追加効果を狙える熱湯、ミミッキュの皮と襷潰しやバシャに勝つための手裏剣となった。めざ炎や冷凍ビームも採用したかったが、上記の仮想敵に弱くなるのはどうしても避けたかったためこのようになった。相手視点だと警戒すべき技がいくつもあるのがこいつの強み。ポリ2を誘うのが大きな反省点であった。

f:id:corepride200661:20170912130841g:plain
デンジュモク@デンキZ 控えめH228 B20 C52 D36 S172
10万ボルト 目覚めるパワー氷 蛍火 身代わり
調整はこちらからhttp://krypton323.blog.fc2.com/blog-entry-37.html
鬼強かった。受け回し系のパーティーはこいつを通しにいく。グロスやマンダの地震くらいなら耐えるし、蛍火電気Zでバナも飛ぶしナットもD厚くなけりゃ飛ぶ。クレセやドヒドイデテッカグヤに合わせて身代わり貼ればだいたい勝てた。対面性能もそこそこあったためかなり選出した。個体を貸してくれたクゥリさんありがとう。

f:id:corepride200661:20170912133423g:plain
ランドロス@ゴツゴツメット 腕白 H212 A4 B252 D4 S36
地震 岩石封じ とんぼ返り ステルスロック
いつものゴツメランド。サイクルパを離れていたため今期は終盤まで使っていなかったが、パーティーがかなり攻撃的になっていたため、物理アタッカーを受けつつ蜻蛉で対面操作を行え、ステロ岩石で積みの補助を行えるこいつを採用した。この判断は正しかったようで1350試合くらいやっても2000に乗らなかったのを1750くらいから20試合くらいで2000に到達した。ミミッキュに投げてゴツメで削りながら蜻蛉するのが偉すぎ。

f:id:corepride200661:20170912135353g:plain
ミミッキュ@ゴーストZ 意地っ張り H196 A124 B188 D4 S4
じゃれつく シャドークロー 影うち 剣の舞
流行りのABミミッキュ。バシャのフレドラやマンダの恩返しくらいなら余裕で耐える。その分火力は控えめだが、それでもZや舞で十分カバーできるため化けの皮という特性の強さを再認識した。ゴーストZの理由はジュカインと選出した際に鋼枠を突破するためと相手ミミッキュ意識である。強かったがASならと思った場面もあったため一長一短であると感じた。ASのほうが良かった相手としてミミッキュグライオンキノガッサ、耐久振りテテフ等であるため、パーティーと次第といったところ。

f:id:corepride200661:20170912141236p:plain
最終レートは2013
基本選出というほどではないが、対面的な構築に対してはゲッコ+リザ+ミミッキュ
受け回し系にはリザ+デンジュモク@1
グロスやリザ軸にはゲッコ+ジュカイン+ランド
マンダ軸にはジュカイン+ランド+デンジュモクorミミッキュ
といった選出をしていた。
テテフを受けれるポケモンがいないためテテフ入りにはリザゲッコミミッキュのような選出を強要させられたり、スカーフランドやメタグロスがきつかったのが反省点である。
今期の反省を活かし、来期は2100を目標としたい。

ここまでみていただいてありがとうございました!質問等ありましたらコメントかTwitter @syu_anotherまでお願いいたします。
パーティーのQRコードのリンクも乗せておくので是非使ってみてください!
https://3ds-sp.pokemon-gl.com/rentalteam/BT-B4B6-4EFC

七世代シーズン2最高2102 積みとサイクルと瞬間火力

皆さんこんにちは、シュウと申します。
SMシーズン2お疲れ様でした。全体的にインフレしていたと言われるシーズンであり、マッチングが良くないなか皆さん頑張られたと思います。そんななか私もインフレに乗じて初めてレート2100を達成出来たので、構築を紹介していきたいと思います。

f:id:corepride200661:20170319060205p:plain

これが今回の仕様構築。使い慣れたルカリオと絶対の信頼をおいているランドロスを軸として考え、最低限のサイクルと積みエース、瞬間火力を出せる面子を揃えた。
それでは各個体の紹介に移る。

f:id:corepride200661:20170319065351g:plain
メガルカリオ 臆病 CS252 D4
波動弾 ラスターカノン 真空波 悪巧み
軸その1。使いなれていることとビジュアルがカッコいいことが採用理由。テテフの対策さえしっかりしていれば比較的出せるパーティーは多かったように思えた。レヒレやランドロスがパーティー的に重いので隙をみて悪巧みから全抜きを狙っていった。有利不利がはっきりしているポケモンのため非常に使いやすく、すんなり二枚目のメガ枠を採用できるので気に入っている。

f:id:corepride200661:20170319070359g:plain
カプ・コケコ 電気Z 陽気 AS252 B4
ワイルドボルト ボルトチェンジ ブレイブバード
とんぼ返り
レッチリくん。上からの対面操作と高い瞬間火力で負荷をかける役目。地面枠と対面してもとんぼ返りからランドロスに繋げれるため非常に使いやすかった。ボルトチェンジは負荷をかけつつサイクルを回したい時や鉄壁を積んだヤドラン等に撃つために採用した。比較的活きる場面も多かった。BやDに下降補正をかけるとテテフのサイキネやルカリオの剣舞バレットで死にかねないと思い、陽気で運用した。受けループにも強いのも良かった。

f:id:corepride200661:20170319071958g:plain
霊獣ランドロス ゴツゴツメット 腕白
H212 A4 B252 D4 S36
地震 岩石封じ とんぼ返り ステルスロック
構築の軸その2。どうしてもコケコランドって並べたくてこの順番になった。ORASの頃から圧倒的信頼をおいているポケモンであり、今シーズンもそれは揺るがなかった。ガブやミミッキュに後投げしてサイクルを回したり、威嚇やステロで後続の積みを補助したりととことん仕事する職人。テテフやめざ氷バシャの影響でチョッキで使いたい場面も多かったが、圧倒的な物理耐久に何度も助けられたためゴツメで良かったと感じている。選出率一位。

f:id:corepride200661:20170319115936g:plain
メガギャラドス 陽気 H100 A156 S252
滝登り 噛み砕く 氷の牙 龍の舞
二枚目のメガ枠。ミミッキュやバシャ、クレセ、マンムー、受けループに対してそこそこ強いのとルカリオがきつい相手に強いことが多かったため採用した。若干の火力不足はあったがそれを補う耐久があったためとても使いやすかった。怯みはあまり考えていなかったが、受けループ戦で怯ませてくれたおかげで2100に到達できた。ありがとう。

f:id:corepride200661:20170319122025g:plain
ウルガモス 炎Z 臆病 CS252 H4
大文字 虫のさざめき 目覚めるパワー氷 蝶の舞
レートが上がるにつれて目覚ましく活躍していったMVP。舞からの炎Zで半減だろうと消し炭に出来る力があり、めざ氷がうまく刺さった。高い特殊耐久と前述した威嚇二体のおかげで舞える範囲が広がり全抜きしていく試合が多かった。感謝。

f:id:corepride200661:20170319122626g:plain
ウツロイド 拘りスカーフ 臆病 CS252 D4
パワージェム ヘドロウェーブ 目覚めるパワー炎 マジカルシャイン
スカーフテテフを上から粉砕出来るポケモンが欲しくて採用。選出率は低かったが、一貫すればビーストブーストのおかげでかなりの圧力をかけれた。また積みポケが多いためこいつからのステロ展開を警戒された選出もあり、入れておいて良かったと思っている。

f:id:corepride200661:20170321111116j:plain
試行錯誤しながらこの構築になったものの自信があったわけではなく、惰性的にやっていたのに何故か勝てたというのが本音です。1800後半から一度も負けずに18連勝して2100にのったのでマッチング含め運が良かったです。ちなみに100位圏内目指して潜ったら1900まで溶かしました。
シーズン3以降も特に気負わず、あまりレートに拘らないスタンスでやろうと思います。ここまで見ていただいてありがとうございました!それでは!

PS.最終レートは1917、最終順位は1791位でした。死。













f:id:corepride200661:20170321112051j:plain
早くメガ石全部配れよ増田ァァァァ!!

7世代シーズン1最高2009 波紋とレッドホットチリペッパー

お久しぶりです皆様!シュウです!
サンムーンが発売して7世代が始まりましたねー。シーズン1は使えるポケモンが限られており、ジュカインを初めとした使いなれたポケモン達が軒並み使えず、新たな構築へと着手する開拓のシーズンとなりました。
結果としては最高が2009、最終が1860くらいで2000は越えることが出来たものの、それ以上まったく伸びずいい成績は残せませんでしたが、収穫もあったため有意義なシーズンでした。
それではパーティーの紹介に移ります

f:id:corepride200661:20170117142849p:plain
ルカリオを軸として考え、そこからサイクル、積み展開が出来る面子を揃えました。
各個体の紹介に移ります。

f:id:corepride200661:20170117142520g:plain
メガルカリオ 臆病H12 C244 S252
波動弾 ラスターカノン 悪巧み 真空波
黄金の精神を持った波紋使い。流行っていた物理ではなく特殊で運用しました。物理を想定した立ち回りを多くされたため刺さったが物理だったら…と考えることもあったが比較的動かしやすかった。
後述するガオガエンの影響もありテテフに対してラスカで仕留めきれる場面が多くかなり頑張ってくれたイケメンくんでした。

f:id:corepride200661:20170117143451p:plain
カプ・コケコ ヒコウZ 陽気AS252 B4
ワイルドボルト オウム返し 守る とんぼ返り
レッチリくん。意表を突く物理型。マンムーやガブ+Dに厚いポケをZオウム返しを起点として全抜きしたりと選出時はかなり活躍してくれました。
ただせっかちやむじゃきといったCに下降補正がかからない性格のほうがもっと活躍出来た感が否めないです。
Aの高さは伊達じゃない。

f:id:corepride200661:20170117135852p:plain
カイリュー ドラゴンZ 陽気 AS252 D4
逆鱗 龍の舞 雷パンチ 地震
カイリューくん。ルカリオとの補完に優れ、Zにより物理受けを破壊出来る力がありました。しかし、環境の高速化により舞っても全抜きとはいかず少し動かしづらかったです。またフェアリーが増えたこともあり逆鱗が撃ちづらく、なかなか一貫がとれませんでした。それでも高いスペックで全抜きすることもありポテンシャルの高さを感じました。

f:id:corepride200661:20170117135718p:plain
マンムー 命の珠 意地っ張り H28 A156 D156 S168
地震 氷柱針 ステルスロック 氷の礫
ADベースの珠ンムー。刺さるポケモンが多く高い選出率を誇り、Dに振ってコケコテテフへの対面性能を高め、少しSに振ることで耐久調整したマンムーを抜けるようにしました。いい火力とそこそこの耐久がありなかなか動かしやすかったです。

f:id:corepride200661:20170117134644p:plain
カプ・レヒレ 図太い 食べ残し H252 B204 C36 D4 S12
波乗り ムーンフォース 守る 瞑想
残飯瞑想レヒレ。調整ははまゆーさんのをお借りしました。こちらに詳しく書いてあります。
図太いカプ・レヒレ 単体考察【ポケモンSMシングル】
http://ch.nicovideo.jp/hamayu_unison/blomaga/ar1149948?cp_webto=share
積ませ性能を高めるために残飯瞑想で運用したが、受けが少ない私のパーティーではクッションとして選出する場合もありました。
臆病とかでもやってみたい。

f:id:corepride200661:20170117134658p:plain
ガオガエン 意地っ張り 突撃チョッキ H252 A204 B4 D44 S4
フレアドライブ DDラリアット とんぼ返り 地震
チョッキガオガエン。テテフコケコを受けつつ有利対面からとんぼ返りで上手くサイクル回す役割。使ってみて正直威嚇解禁待ちだなあという印象は受けたがシーズン1では活躍の機会も多く、窮屈な運用にはなりませんでした。特にテテフがガオガエンを警戒してムーンフォースを撃つことが多く、ルカリオで返り討ちにすることが出来ました。
使っていて火力が今一つ足りなかったため火力upアイテムを持たせた運用も考えたいですね。

f:id:corepride200661:20170117142136j:plain
ギャラドスが非常に重たかったり、受けだしが難しいパーティーであったためなかなか上手く選出出来ずに苦しみましたがいい経験になりました。
この経験を踏まえシーズン2ではジュカインと共に高レート目指していきます!
ここまで見て頂きありがとうございました!
それではっ!

ジュカインと挑んだORAS環境の思い出

f:id:corepride200661:20160920134311p:plain
こんにちは、シュウと申します。
今回は第6世代のレーティングが終了したということもあり、ORASの思い出をシーズンごとに振り返ろうと思います。
あまりまともな考察や分析は出来ませんが、それでも見て頂けると幸いです。

シーズン7
中盤くらいにソフトが手に入り、初代からプレイしてきた中で一番思い入れが深かったルビーサファイアのリメイクということで、最初はストーリーを堪能することが目的であった。しかし、大好きなジュカインが今作でメガ進化を得たことで対戦に興味を持ち、友人がニコニコ動画で対戦実況をしていたこともあり、彼を倒すという具体的な目標の下に厳選や勉強に取り組んだ。そのためシーズン7は一戦もしていない。
ASマンダがいっぱいいたらしく、ジュカインかなり勝てそうなシーズンだったかもしれない。

シーズン8
レーティング。試行錯誤しつつ終盤には以下のパーティをずっと使っていた。
f:id:corepride200661:20160920171427p:plain
ノウハウもない、ダメ計もしないままひたすらに対戦をこなす中でとんぼ返りやボルトチェンジなどの対面操作技やジュカインの苦手なポケモンをしっかり受けれる耐久力のあるポケモンが肌に合っていると感じ、図太いサンダーを厳選、ジュカインと相性が良いと聞いていたヒードランマリルリを採用し、ガルーラスタンの倒し方がわからなかったためメガルカリオを入れ、最後にストッパーとして襷マンムーを添えた。
初心者ながらインフレしていることもあり最高レートは1950付近までいくことができ、このときは自分のセンスに酔いしれていた。
ちなみにこの図太いサンダーは厳選に3週間かかり、今までで一番時間かかった個体であった。厳選のしすぎで体調が悪くなり、翌日美容室でリバースしたことが未だに忘れられない思い出の個体となっている。

シーズン9
前期の経験もあり2000もいけるだろうと慢心していたシーズン。以下のパーティを主に使用していた。
f:id:corepride200661:20160921112004p:plain
ORAS通して唯一ジュカイン単メガで通したシーズンであった。サイクル好きということもありスイクンランドロスを厳選し、運用した。そして相手にしていて強いと感じたファイアローギルガルドを育成し、前のシーズンから気に入ったゴツメサンダーを添えて完成した。
しかしながら思うように勝てず、長くなった鼻をポッキリ折られた。最高レートは1930付近であったが2400試合ほどしたので対戦回数にまったく釣り合いがとれない結果となった。
しかしこのシーズンのおかげで自分の弱点や長所がわかり、後のシーズンに繋げることが出来たと感じている。

シーズン10は以下のパーティを主に使用していた。
f:id:corepride200661:20160921112805p:plain
ジュカインが出し辛いパーティにメガ進化を絡められないことが弱く感じ技範囲が広いヘラクロスを採用し、高速ボルトチェンジ+ゴツメでガルーラと戦えるようにスカーフウォッシュロトムカバルドンを採用した。ここまでで重たいフェアリーに強いギルガルドジュカインと補完のとれるアローを添えた。
最高レートは1986であり、初の2000チャレンジを経験したが、ヘラのロクブラが外れて負け、そのままずるずると落ちていった。
このシーズンにジュカイン単メガで2100が現れ一層2000への意欲が増した。

シーズン11は以下のパーティを主に使用していた。
f:id:corepride200661:20160921135313p:plain
2100にいった彼の代名詞でもあったスカーフサンダーを使ってみようと思い、ジュカインの辛い相手に強いメガギャラドスと共に軸として考え、優秀な物理受けのカバルドン、対面厨パに刺さるローブシン、フェアリー受けに眼鏡ヒードランを採用した。
初めて使う個体ばかりのパーティになったが個々のスペックが高かったため、なかなか使いやすかった。
最高レートは1990。2000チャレでガブに吠えられてドランが出て死んだ。泣いた。調子に乗ったシーズン8のシュウくんをボコボコにしたいとこの時思った。2000の壁の厚さに絶望した。

シーズン12は以下のパーティを主に使用していた。
f:id:corepride200661:20160921140808p:plain
記事にもしたが、初めて2000に到達することが出来たパーティである。詳しくはこちら
http://jetthehawk.hatenablog.com/entry/2015/11/18/194316
ゴツメランドをもっと早く使えていればもっと早く2000乗れてたかもしれないけどこの時の感動は忘れられない。嬉しすぎて再び鼻が長くなった。

シーズン13はモンハンをしていたためシーズン最終日付近までまともなレート帯におらず、最終日に1600から構築を模索しながらなんとか1900まで上げたがそのまま上げきれず最高1950程度で終わった。最後は以下のようなパーティになっていた。
f:id:corepride200661:20160924110206p:plain
ガルゲンに強く猫でターンを稼ぎガブにも打点を持てるミミロップに可能性を感じ、苦手だと感じたポケモンを補完しつつ作っていった。パーティの穴は埋まらなかったが来期の構築の基礎を作ることができたので悪いシーズンではなかった。
モンハンは神ゲーですね。

シーズン14は以下のパーティを使っていた。f:id:corepride200661:20160924110724p:plain
詳しくはこちら。
http://jetthehawk.hatenablog.com/entry/2016/03/15/152217
自身初の2ROM2000、初の2000帯での闘いを経験したシーズンである。ガルクレセという仮想敵をいかに倒すか考え、かなり強気なプレイをしていたためレートの上下幅がむちゃくちゃあったのが印象に残っている。中盤で2000に乗せた割には最高レートが思ったより伸びず、かなり悔いが残った。ここらへんがプレイヤーとしての限界なのかなあとナイーブになっていた。

シーズン15は以下のパーティを使っていた。
f:id:corepride200661:20160924111943p:plain
詳しくはこちら。
http://jetthehawk.hatenablog.com/entry/2016/05/17/114134
成績は大したことないが面子がめちゃくちゃ好きな構築。†ハイスピードサイクル†という構築名も気に入っている。かっこいい構築だという言葉も何人かから頂いたりとずっとニヤニヤしてました。
イケメンはジャスティス。

シーズン16は以下のパーティを使っていた。
f:id:corepride200661:20160924112551p:plain
詳しくはこちら。
http://jetthehawk.hatenablog.com/entry/2016/07/19/101433
一番悔しかったシーズン。どうしても使いたかった色理想エルレイドを軸にパーティを組んだ。エルレイドのスペックは十分あったのだが、プレイヤースキルが足りずに2000に一歩及ばなかった。今でも2000をかけた闘いを思い出して嘆いている。ごめんエルレイド。

シーズン17は以下のパーティを使っていた。f:id:corepride200661:20160924113120p:plain
詳しくはこちら。
http://jetthehawk.hatenablog.com/entry/2016/09/13/095904
悔しさをバネに久しぶりに最高レートを更新したシーズン。2100には届かなかったが、壁だった2050を超えることが出来て良かった。初めてレートで使ったジュカインルカリオを最終シーズンにまた使うことになるとは思わなかった。次回作への意欲が増したシーズンとなった。ありがとうORAS。

こうして振り返るとレートの伸びなさに絶望しますね…悲しい。ジュカインは弱いマイオナじゃないことを証明していきたいのでもっともっと強くなりたいですね。次回作でも好きなポケモンと挑んでいきたいですね!
ここまで見ていただいてありがとうございました!
また次回作でお会いしましょう!

シーズン17 最高2065最終2053 対面操作ジュカインルカリオ

こんにちは、シュウと申します!
皆様、シーズン17お疲れ様でした。
ORASラストシーズンということでいつも以上に張り切って取り組んでいる方が多く、いつも以上に緊迫したシーズンだったという印象を受けます。
私も例外ではなく、対戦数はいつもより少なかったのですが、気合い入れて取り組みました。
その結果もあってか3シーズンぶりに最高レートを更新することができました。
しかしながら2100に届くことができずORASを終わってしまう悔しさもあるので次回作にこの悔しさをぶつけられればと思います!(メガ進化廃止したら失踪します)
それではパーティ紹介へ行きたいと思います!



f:id:corepride200661:20160913101404p:plain
今回の使用構築になります。
環境の中心であるガルーラスタンに戦えるルカリオ。マンダ、リザ、ルカリオ軸系統パーティに戦えるジュカインの二枚のメガ枠に崩しとして強いゲッコウガ、苦手なやつを受けてサイクルできるヒトム、ランドロス、フェアリーの選出を牽制して攻守に優秀なギルガルドを添えました。
それでは個体紹介に移ります。

f:id:corepride200661:20160913104722p:plain
ジュカイン 臆病CS ジュカインナイト
エナジーボール 龍の波動 リーフストーム 気合球
いつもの。選出率は前期より高かった印象を受けます。ジュカインが強いパーティが多い序盤や対面厨パの並びに出して行きます。というのも対面厨パに対してはルカリオを警戒してゲンガーが来やすいのでスイクンに強くある程度上から殴れるコマとして選出してました。相変わらず自覚は文句無し、見た目も文句無しでめちゃくちゃカッコ良かったです。
SMでメガ進化廃止されたら死にます。

f:id:corepride200661:20160913105743j:plain
ルカリオ臆病 H4 B4 C124 D124 S252 ルカリオナイト
身代わり 瞑想 波動弾 悪の波動
恐らく地雷枠。ガルクレセを楽に倒す枠を自分なりに考えたのですが上手く機能してくれました。
Cが波動弾でD4振りガルーラを確定1発、Dが1瞑想で身代わりがクレセのサイコキネシスを最高乱数以外耐えるという調整です。ルカリオとクレセの対面ではほとんどサイコキネシスを撃たれないので身代わりで電磁波を透かし積むという行動がとても決まりやすく、プレイに自信がない私でも楽に勝てるゲームが多々ありました。
またジュカインルカリオ共にギルガルドが重いため悪の波動を採用し、身代わりを上手く使いながら悪くない勝負を仕掛けることができました。
範囲は狭めましたが、上位層の構築が片寄ってることもあり間違いなくMVPでした。
1950付近まではこの枠がエルレイドであり、エルレイドからヒントを得ることが出来ました。彼も影のMVPです。

f:id:corepride200661:20160913111109j:plain
ゲッコウガ 意地っ張り AS 命の珠
水手裏剣 影打ち けたぐり ダストシュート
ガモスを縛る手裏剣、ゲンガーを縛る影打ちの先制技に二枠割いた割りと奇襲性の高いゲッコウガジュカイン仲間のさばぺんくんの丸パクリです。瞬間火力が比較的高く、ダストシュートでのごり押しが効くため崩しとして良かった。選出率は一位。詳しくはこちら
最高2093 S15使用構築 : 尻尾はとばすもの https://t.co/beIylX9ReN
f:id:corepride200661:20160913112837j:plain
霊獣ランドロス 腕白HBベース ゴツゴツメット
地震 岩石封じ とんぼ返り ステルスロック
いつものゴツメランドロス。使うつもりなかったくせに結局使ってしまった。ガブに安定し蜻蛉で対面操作できてほんと使いやすい。氷4倍じゃなきゃジュカインともっと強い並び出来るから惜しい。

f:id:corepride200661:20160913113444j:plain
ヒートロトム 控えめHC 突撃チョッキ
オーバーヒート 放電 ボルトチェンジ 目覚めるパワー(氷)
使いやすく闘いやすいのぶれんさんのヒートロトム。バロリの影響もあってかなり個体数を増やしたように思えました。ルカリオジュカイン共に補完に優れボルトチェンジでサイクル流せてとても好んで使ってました。まあ私のブログ見るより本家のブログ見てくれたほうが早いし納得出来るのでリンク貼っておきます。ジュカインの記事もあるのでそちらも是非

S12版ルカリオ軸サイクルパ【最高2124】|ヤンキー剣舞は通さない https://t.co/68ADjSlOTK

f:id:corepride200661:20160913114734j:plain
ギルガルド 意地っ張り HAベース ラムの実
アイアンヘッド 聖なる剣 剣の舞 影打ち
よく使う剣舞ギルガルド。フェアリーの選出を抑制し、ポリゴン2キノガッサに投げます。選出率はフェアリーがあまり来ないので低めでしたが、出せば間違いなく活躍してました。偉い。

f:id:corepride200661:20160913115222j:plain
f:id:corepride200661:20160913130321p:plain
最高レートは2065、最終は2053でした。
ここ数シーズン、手応えがまったく掴めていなかったのですが、最高レートを少し伸ばすことができ、内心ホッとしています。特にルカリオはレートを初めたシーズンにジュカインと一緒に使って愛着もあったので彼らと最高レートを更新出来たことはとても嬉しかったです。
拙い記事でしたが、ここまで見て頂きありがとうございました!

最高1995 実力不足ジュカインエルレイド

皆さまお久し振りです、シュウです。
シーズン16お疲れ様でした。今期も最終日には高レートラッシュでみなさん強いなあ…って泣きながらTLみてました。辛いです。
タイトルからわかるように、今期は2000に届かず悔しさで前が見えないくらい辛かったです。
しかしながら1シーズン戦ったわけですし、戒めも兼ねて公開したいと思います。パーティーバランスが悪かっただけで、個々の力は感じたのでまた使ってあげたいですね。
f:id:corepride200661:20160719094132p:plain

f:id:corepride200661:20160719094847j:plain
いつもの。気になるかたは今までの記事をご覧ください。自覚は最強でした。

f:id:corepride200661:20160719095032j:plain
エルレイド 陽気 H236 A 4 B12 D4 S252
インファ 叩き 剣舞 身代り
イケメンエース。対ガルクレセに鬼強い。ただエスパー技を切ったので範囲を狭めた感じが否めない。選出率は2番手。

f:id:corepride200661:20160719095812j:plain
ゲッコウガ 意地AS 珠
けたぐり ダスト 手裏剣 影うち
イケメンエース2。某ジュカイン使い型。パワーがあって崩しに強かった。選出率1位

f:id:corepride200661:20160719100445j:plain
ランドロス 腕白HB ゴツメ
いつもの。来期は使わなさそう

f:id:corepride200661:20160719100702p:plain
ヒートロトム 控え目HC チョッキ
オバヒ 10万 ボルチェン めざ氷
使い勝手がいいやつ。10万は放電にすべきだった。

f:id:corepride200661:20160719101118g:plain
ギルガルド 意地HA ラム
聖剣 アイへ 剣舞 影うち
たまに使うやつ。あんまり使わなかったし対フェアリー性能高いやつがいいかも。

ガルクレセばっかり意識しすぎてパーティーバランスグチャグチャでホントに無力でした。来期は気合い入れ直します。

今まで使ったメガポケモン

f:id:corepride200661:20160506163516j:plain
こんにちは、シュウです。
今回は時間ができたので今までジュカインと併用してきたメガポケ達の個人的な評価をのべようと思います

f:id:corepride200661:20160531092826p:plain
ルカリオ
最初に併用したメガ枠。ジュカインがキツイガルーラスタンに強くポリクチにも強く出れる。リザ、マンダ軸はジュカインでいけるため同時選出したいということもなく相性は悪くなかった。苦手なポケモン(アロー、ガルド、バシャ、ゲンガー、クレセ等)がそこそこ被るため裏で安定した引きさきを多数用意したい。

f:id:corepride200661:20160531093404p:plain
ヘラクロス
初めて2000にのった時に使ったメガ枠。圧倒的技範囲、高火力、高耐久のパワーポケモン。サイクルできる面子を裏に仕込むことでガルーラスタンに対し出すことができる。クレセやマンムーを簡単に葬れるのが大きかった。フェアリーとアローがキツイのでドランを採用するとジュカイン共々補完がとりやすい。

f:id:corepride200661:20160531095502g:plain
ミミロップ。現状最高レート更新した相方。ゲンガーガルーラに強く猫騙しで様子見出来るのがとても偉い。ガルドに通る格闘というのも評価が高く、技が通りやすい。クレセを誘うため、釣りだしが肝であると個人的には考えている。ガッサ、アロー、ボルト、バレル、バナ、チル、クレセが重い。

f:id:corepride200661:20160531100412p:plain
バシャーモ。尊きホウエン御三家仲間。カスタマイズ性能が高く突破力のあるエースからトリッキーなバトンもこなせるハイスペックポケ。ただし僕が使うの下手くそ過ぎて上手く使いこなせなかった。ジュカインと併用するならサイクルできる面子を固めるのが無難。クレセ以外は調整次第で有利不利が結構変わるためジュカインとの相性はかなりいいと思われる。

f:id:corepride200661:20160531102827p:plain
ライボルト。使ってみて評価が上がったポケモン
マンムー以外にはパーティーのコンビネーションで対応できる範囲がかなり広い。威嚇によってパーティーの耐久底上げできて肌にあっていた。ライボルト+ランドロスに技範囲の広い積みアタッカーを採用することでガルクレセにも有利に立ち回れた。ジュカインと共通してマンムー、高耐久ポケが重い。

f:id:corepride200661:20160531110354p:plain
ゲンガー。汎用性が高く役割はきっちり果たせるポケモン。(僕が下手くそ過ぎて上手く扱えないポケその2) カスタマイズ性能が高い。催眠は使ったことないけどゲンガーの中では間違いなく最強だと思う。ガルーラやフシギバナチルタリス等苦手なメガポケに対し強いしジュカインと同時選出できるので強い。ギルガルドファイアロー、ポリ2、素早さを上げる積みアタッカー等がキツイ。

f:id:corepride200661:20160531111226p:plain
バンギラス。圧倒的数値ポケ。覚える技が多いがジュカインと組ませるならエッジと砕くは欲しい。(クレセ、ガルド、アロー、バナ、チル、受けループなどに無理やり負担をかけたいため)前期にドレインパンチを持ったガルーラが出てきたため少しきつくなった。エッジを当てればめちゃくちゃ強い。
バシャ、クチートキノガッサなどを上手く処理したい。

f:id:corepride200661:20160531111913p:plain
リザードンジュカインと組ませるとサトシ感が出てとても良い。他の面子がジュカインとも強い並びを作りやすいのでパーティーは馴染むがリザードンが動かし辛く感じた。しっかりパーティーを組んでリベンジしたい。ジュカインと共通の弱点はチルやスカーフ竜くらいだが同時選出したいケースも多々あった。

(使ったことないけど他の人が使用したポケモン)
f:id:corepride200661:20160531112842p:plain
ポッケさんが使っていたリザY。ソラビがあるためジュカインとの仕事が被りそうではあるが高火力をごりごり押し付けて裏でサイクルするパーティーであれば、ジュカインとのパーティーバランスも悪くなさそうである。

f:id:corepride200661:20160531113115p:plain
さばぺんくんやカイくんが使っていたクチート。比較的高耐久ポケに強そうで相性は良さそうだが、トリルによるS操作がジュカインと相性が悪いので、電磁波を仕込むかクチートのSを伸ばすことになりそう。炎の一貫を切りたいところ。

f:id:corepride200661:20160531113634p:plain
祗乃森君が使ってた最強ポケのガルーラさん。鬼のカスタマイズ性能でジュカインのキツイやつをだいたい見れる。ただ対策されてるためかなりの練習を要すると思う。個人的に理不尽な負けを何度も受けたため、使いたいという気持ちは今のところない。

総括
ジュカインのキツイ部分を補完してくれるのはガルーラが一番楽であると思います。しかしジュカインの補完として入れたガルーラでは、ガルーラスタンに対し安定しないと個人的には考えています。ジュカインと補完をとりつつガルーラに強い駒ということでよく好んで格闘ポケを採用しています。またメガ枠をジュカインのみにして、選出の幅を広げるのもいいのではないかと思っています。

ここまでお付き合い頂きありがとうございました!